コロナ禍だからこそ瞑想する3つの理由

ポストする

3 Reasons to Meditate During Coronavirus Quarantine

2021年58日 マインドフルネス

 

あなたが日常の大半を1人でいることは珍しいことではありません。特に今は、新型コロナウィルス流行の為にソーシャルディスタンス、不要不急の外出をひかえて自宅にいるという方も多いことでしょう。

私たちの中には家にいるという選択が簡単な人もいますが、以前はたくさんたむろして日常の仕事に頼って社交的な時間を過ごす、より外向的な人はこの新しい状況に適応するのに苦労しています。

新型コロナウイルス流行の間、私たちは身体的健康に留意することに加えて、私たちのストレスレベルと一般的な精神的健康に注意することが大切です。

私たちのストレスレベルを下げる潜在的な方法を議論するとき、瞑想はそれを実現する上でそのメリットが証明された方法といえるでしょう。

 

コロナ禍でも得られる最も重要な3つのメリットに焦点を当てました。

 

 

  1. 瞑想は、新型コロナウイルス流行中の私たちのストレスにどのように役立ちますか?

 

瞑想はあなたの体をストレスとは完全に反対の状態に変えます。心拍数が低下し、呼吸がより深く集中し、血圧が低下し、すべての精神的プロセスが低下します。

 ストレス関連ホルモンの産生が遅くなり、発汗や発赤などの他の一般的な症状が緩和されます。いくつかの研究は、毎日瞑想を実践している人が将来のストレス誘発性の症状からより早く回復することさえ示しています。

 

 

  1. 瞑想はメンタルヘルスに役立ちますか?

 

働きすぎ、辛い経験をするなど大変な時には、うつ病、不安神経症、または他の同様の病気のより顕著な症状を経験することは珍しいことではありません。そして、これらの症状は誰にでも現れる可能性があります。

 新型コロナウイルスに感染し、パートナー、両親、友人から離れてしまった方もいらっしゃるかもしれませんが、それをコントロールすることが重要です。

 瞑想は症状を和らげるのに役立ち、オンラインでの付き合いと組み合わせると、この期間をはるかに簡単に克服できます。 

 

 

  1. 在宅勤務で生産性を高めるにはどうすればよいですか?

 私たちのほとんどは現在自宅で仕事をしているので、仕事に集中するのが難しい場合があります。絶え間ないニュースやソーシャルメディアは、私たちがそれを聞きたいかどうかにかかわらず、人生のあらゆる分野で即座に情報を提供してくれます。マルチタスクスキルが必須の社会では、1つのタスクに集中することがますます難しくなっています。 

 マインドフルネス瞑想は、深い集中力を再構築し、注意力を伸ばすのに役立ちます。あなたの心を現在の瞬間に集中させることは、それが揺れや考えすぎを止めるので、あなたの脳がそれを完全に経験するように訓練します。ニュースが隅々から私たちを襲っているとき、静かな時間をとることは違いを生みます。 


ベラビートアプリでは、コロナ禍に心と体を健康に保つために使用できる30以上の無料の瞑想を行うことができます!  

 









 


 

0 コメント

コメントを残す

すべてのブログのコメントは公開前にチェックされます

こんにちは!

メーリングリストに参加