共感力を高めることであなたはより良いリーダーになる。

投稿

かつてリーダーシップとは権威と支配を引き受けることがすべてであると教えられてきました。 そう教えられて来たままの人もいるかもしれません。

ところが、そのような指揮下の元ではスタッフの生産性は向上していないようです。

調査によれば、重要なリーダーシップスキルの1つでありながら、取り残されがちなスキルの1つは、共感であることが示されています。

権威と共感はお互いを排除するものではありません。伝統的なリーダーシップが権威を支持してきましたが、バランスを取り戻す時が来ました。 

他者を魅了するリーダーになりたいのであれば、共感を育み始めるべき理由は次のとおりです。

 

 

Understanding

他者の理解を深める

他人の立場に立つ能力は、私たちが彼らをより深いレベルで理解するのに役立ちます。 

スタッフの不安、長所、短所を認識し、仕事の割り当てについてより適切な決定を下すことができます。 

理解はそれ以上に進んでいます。何がスタッフを動機付けしているのかを理解できれば、どうすれば従業員をやる気にさせ、元気づけることができるかがわかります。 

信頼と忠実な心の構築

調子が良くない日、嫌なことがあった日、私たち親友にそのことを聞いてもらえたらと、心からの会話を切望しています。聞いてもらっているだけで気分が良くなって、親友にはすぐに好意を返します。 

このように話を聴いて共感を示すことで、スタッフと同じ絆を築くことができます。時間をかけて他の人の話を聞くと、信頼と素直に基づいた前向きな雰囲気が生まれます。あなたがそれを知る前に、スタッフは会社の発展に一生懸命働き始めるでしょう。飴と鞭は必要ありません! 

 

Creativeness

創造性の向上 

想像してみてください。あなたが出席した会議で今まで聞いた中で最も悪いアイデアの無限のリストを持って会議から出て行くことを!

そしてそれらはすべてあなたの部下によって出されたアイデアだったとしましょう。 

会議とは言わず、日常の中で部下からのアイデアが首をかしげるものだったとしても、見方を変えることが大切なのです。厳しい批判的な言葉を、建設的な批判に置き換えると、やる気は損なわれたりしません。アイデアを出すことが悪いことだと思わず、さらに革新的なアイデアが注ぎ込まれ始めます!

 

勝つチャンスの増加

私たちの最も基本的なニーズが満たされていないことは、多くのストレスを引き起こし、私たちのパフォーマンスを低下させます。 

空腹時に働いている、休憩時間がないと感じている時や、今月の請求をなんとか支払うことができるかどうかを心配しているときのことを想像してみてください。とても言葉だけではスタッフを勇気づけることはできませんよね。 

支援的な環境を作ったり、給料を前払いするなど、スタッフのニーズに対応する傾向がある場合、魔法のようにより良い結果をもたらし始めます。スタッフを助けるということは、自分自身を助けることを意味することを忘れないでください。  

 

0 コメント

コメントを残す

すべてのブログのコメントは公開前にチェックされます

こんにちは!

メーリングリストに参加