あなたの姿勢を改善する3つのアクティブストレッチ

投稿

あなたの姿勢を見なおしましょう–私たちは皆悪い姿勢に苦しんでいます。それは私たちの座りがちな生活が影響している場合があります。


しゃがむと無数の消化器系の問題が発生する可能性があることをご存知ですか?便秘もその1つです。それに加えて、それは私たちの腹部と膀胱に圧力をかけるので、「漏れの原因」にもなります。

 


姿勢の悪さは、単に体と心の問題以外にも他人に影響を与えます。例えば私たちは他の人を判断、理解するために非言語的なメッセージに依存しており、悪い姿勢は疲労感、怠惰、劣等感、不安感などのメッセージを発信します。猫背の姿勢はあなたのイメージを台無しにする可能性がいくつあるか想像してみてください。

 

姿勢のコンプレックスがあなたの悩みの一つなら、姿勢を変えることはあなたの自己イメージを高めます。今日から姿勢改善に取り組んで下さい。今日の先延ばしが明日の憂鬱を引き起こすことがなくなります。そして早くスタートすれば早くゴールにつきます。

あなたの姿勢をリフォームする方法


幸いなことに、私たちが通常のトレーニングルーチンに簡単に追加できるガイド付き姿勢改善エクササイズがあります。

今回3つの姿勢改善エクササイズがあります。


1.    猫の牛のポーズ


猫と牛のポーズは背骨を伸ばし、前かがみによって引き起こされる筋肉の緊張を和らげます。
四つん這いになり、手首を肩の真下に置き、膝を腰の下に置きます。肩を耳から引き離し、へそを背骨に向かって引きます。背中はまっすぐで床と平行でなければなりません。
骨盤を胸から遠ざけるように傾け、背骨をアーチ状にし、吸い込んで上向きにします。息を吐き、見下ろします。尾骨を内側にカールさせ、あごを胸に向け、腹部を地面に向けて引っ張ります。


2.    板のポーズ


板のポーズは、コアと背中の筋肉を強化し、正しい姿勢を促進します。
手とつま先に来て、腰を上げます。背中をまっすぐに保ち、腹筋に頼ってサポートします。親指の間の地面を見てください。
位置を60秒間保持し、休憩して、繰り返します。

 


3.    鳥の犬のポーズ

 

犬の鳥のポーズは、中立的な脊椎を促進し、腰痛を和らげます。
手と膝に来て、つま先を押し込みます。繰り返しますが、背中がまっすぐで、背骨がアーチ状になっていないことを確認してください。バランスを見つけて、地面があなたをサポートします。次に、右脚と左腕を同時に持ち上げて伸ばします。動きを制御し、ゆっくりする必要があります。この位置に5秒間留まります。

次に、最初の位置に戻り、左脚と右腕を同時に持ち上げて伸ばします。さらに5秒間その位置を保持します。

 

 

まとめ

アクティブストレッチ運動は、腰痛を軽減し、姿勢を改善するための最良の方法の1つです。これらの3つのエクササイズ1日わずか10分することで、背中と肩の筋肉をリラックスさせ、痛みを和らげます。そして姿勢を改善に役立ちます。 

0 コメント

コメントを残す

すべてのブログのコメントは公開前にチェックされます

こんにちは!

メーリングリストに参加