1日5分のマインドフルネスで穏やかに過ごす。

投稿

Take 5 Minutes a Day To Be More Mindful

マインドフルネスと言えば、時間と手間がかかるような気がします。

瞑想、ヨガ、内省は、思ったより心身に与える影響があります。瞑想には多くの実証済みの利点があり、最も顕著なものの1つは、瞑想が私たちの脳に与えるプラスの影響です。

 

ここ数十年で、マインドフルネスに対する関心が急上昇し、ストレス解消と幸福の一形態として瞑想が広く受け入れられるようになりました。普及の増加とともに、より多くの科学的研究が行われ、それが私たちの行動、精神的および全体的な健康に及ぼす正確な結果を確認しました。

ハーバードガゼットによると、ランダム化比較試験の数は、1995年から1997年の1件から2004年から2006年の11件に増加し、2013年から2015年の間に驚くべき216件になりました。これらすべては、西洋世界がそれを取り巻く哲学だけでなく実践も受け入れたことを証明するだけではありません。 

 

ハーバード大学の教授が行った研究よると、8週間にわたって瞑想した人は、炎症、概日リズム、およびグルコース代謝を調節する遺伝子に影響を与えたことが示されました。その結果、血圧が大幅に低下しました!この研究だけでは、瞑想が血圧を下げることを証明するものではありませんが、それは私たちがさらに調査すべき方向として役立ちます。 

 

瞑想は普遍的な経験ではありません。効果は個人ごとに異なって現れ、私たちに最も適しているものを取り入れる為に少し時間が必要です。15分の場合でも、私たち全員がメリットを受けることができるということです。 

 

今回は瞑想を、日常生活を送りながら取り入れることができる3つの方法を用意しました。 

 

1.目覚め

あなたは朝の目覚めが苦手かそうでないかのどちらかで、あなたが朝の目覚めが苦手の一人なら、これはあなたのためです!

ベッドから出るのに苦労している場合は、アラームを何度もスヌーズします。ベッドから出るのに必要な時間をわずか5分に短縮するより良い代替手段があります。

最初のアラームが鳴ったら、ベッドに座ってリラックスしてください。まだ完全に目を覚ます必要はありません。携帯電話を持って、ベラビートアプリから瞑想のいずれかを選択し、46分続くものを選択します(個人的なお気に入りはボディスキャン、現在の瞬間、不安から落ち着きへ)。 

これらのガイド付き瞑想に従い、ゆっくりと目を覚まします。終わったら、あなたはベッドから出て一日を始める準備ができていると感じるでしょう!

 

 

 

 2. 歩く

あなたはおそらく、瞑想し、自分自身にもっと触れていると感じる方法として『歩く』ことを考えたことはありませんよね?

しかし、なぜですか?

私たちの仕事、日課、心配事についてプレッシャーになることなく、私たちが完全に自分自身に専念できるのは私たちの1日の時間の一部であり、歩いている時間です。

瞑想を練習するのに長い散歩をする必要はありません。スーパーやコンビニに行って戻ったり、犬を散歩したりするのが最適なタイミングです。靴を履き、ベラビートアプリにログインして、3分バージョンと6分バージョンの両方で利用できるウォーキング瞑想を選択してください。毎日の日課をしながら、一人で過ごすのに最適です。 

 

3. 睡眠

睡眠の問題は、今日人々が抱えている主な問題の1つです。それはストレスに関係しているだけでなく、私たちのライフスタイル、テレビ、携帯電話、タブレット、さらにはスマートウォッチなどのさまざまなメディアへの露出にも関係しています。24時間年中無休で利用できるようになるのは普通になりつつあり、Instagramを下にスクロールするのが長すぎることもあります。

パソコンやスマホを一日中見ているなら、すべてのブルーライトにさらされているので、私たちが眠りにつくのに苦労しているのも不思議ではありません。 

瞑想はあなたが眠りにつくのを助けるだけでなく、それの質を改善することもできます。あなたの好みが周囲の音であろうとガイド付き瞑想であろうと、私たちはそれらをカバーしています!

ベラビートアプリの自然の音、ディープスリープ瞑想をし、瞑想アプリからトロピカルアイランド、草原、そしてディープオーシャン。さまざまな音がどのようにあなたの体をリラックスさせ、あなたの睡眠の違いを感じることができるかを聞いてください。 

 

 3つのことを取り入れ、あなたの体と心がシンクロする素晴らしい体験をして下さい。

 

 

 



 

0 コメント

コメントを残す

すべてのブログのコメントは公開前にチェックされます

こんにちは!

メーリングリストに参加